環境への取り組み

環境へのダメージ低減を目指したモノづくり。

通常、印刷会社から排出されるゴミは産業廃棄物として扱われています。
小島ラベル印刷は、排出される98%の産業廃棄物を固形燃料にリサイクルする処理方法【RPF】を採用しています。

【RPF】Refuse derived paper and Plastics densified Fuel の略称

RPFとは産業廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難な古紙及び廃プラスチック類を主原料とした高品質の固形燃料です。RPFは、化石燃料(石炭・石油)の代替として、製紙会社、鉄鋼会社、石灰会社など、多くの産業ボイラーのエネルギー資源として使用可能です。

RPF

RPF

RPFには下記のようなメリットがあります。

環境に優しい

RPFの生産は、本来最終処分される産業廃棄物を原料とし、産業廃棄物の中からエネルギー資源を抽出します。それにより埋立てや焼却などの運搬費や最終処分量を大幅に削減し、資源の有効利用を実現しつつ、資源循環型社会システムの構築により地球環境の保全に貢献します。
燃焼率の向上と化石燃料削減により二酸化炭素の削減など、地球温暖化防止に効果的です。
また、ダイオキシンの発生もほとんどないので環境にやさしく安全です。

ボイラーの燃料コスト削減

従来の石炭と代わらない熱量エネルギーを維持しながら、二酸化炭素の排出量は3分の2、価格も石炭の3分の1程度と割安です。つまり多くの産業の燃料費が大幅に削減できます。
またRPFは、ほぼ完全に燃焼する特性をもっている為、灰処理費用の削減も可能になっています。
今後も、製造サイクルにおける環境へのダメージ低減を目指したモノづくりを推進していこうと考えています。