品質管理体制について

皆様に安心してご注文頂けるよう、私たちは下記の通り行動することで品質を維持しております。

オペレーションフロー

お客さまよりご注文頂いた内容を、制作室にて主任のチェックの元、作業伝票(※)を作成します。その作業伝票を元に、原紙の手配・製版・抜き型の手配を行います。材料が揃い次第、印刷現場の工場長に引き渡し、各印刷オペレーターに振り分けられ、印刷・検品・梱包・出荷準備まで行います。

※作業伝票とは、(注文日・納期・名称・原紙・数量・加工面数・通し数・色数・色の詳細・特殊加工・寸法・原紙発注メーター・仕上がり状態・版情報・型情報・引渡し方法・管理ナンバー)が記載されているA4サイズの伝票です。作業伝票は、透明のファイルに保管して運用します。同じ注文毎に作業伝票がファイルにストックされます。ファイルは最終注文日より3年間保管しています。ファイルには作業伝票の他に、作業伝達事項書(インクの調合比率・原紙の流し方向・加工時の注意事項、つまりオペレーターへの注意喚起書)・版・フィルム・色見本が同封されています。作業伝票は、お見積もり時に発行するナンバーで管理・運用されています。


営業スタッフ

お問い合わせ、無料サンプル、見積もりの対応をさせていただきます。必要に応じてお打ち合わせをさせていただく場合もございます。注文の窓口は基本的に営業担当が行います。印刷機の操作、アドビイラストレーターの操作もできます。問題があった際の窓口も担当営業となります。

制作スタッフ

発注書から作業伝票を作成します。作業伝票作成後、受注表というエクセルシートに(ご注文日・納期・お客様名・品名・色数・数量・面付け数・合計通し数・引渡し方法・特殊加工・備考)を入力します。原紙や資材の発注、納期回答、イラストレーターデータの操作も行います。

印刷オペレータースタッフ

ホワイトボードの週間予定表に、案件が記載された付箋を貼り、スケジュールを共有します。毎朝ミーティングにて各オペレーターが当日行う案件を発表し、印刷に取り掛かります。材料(原紙・版・抜き型)を印刷機にセットし調整を行います。※チェック項目をクリアすると製品化されます。1日の業務終了後、受注表のステータスを完了に更新・ホワイトボードの週間予定を更新して任務完了となります。※チェック項目につきましては下記をご確認ください。


<印刷時のチェック項目>

印刷色

製作中の印刷物と、ご指示頂いた色(現物・PANTONE・DIC)を常時チェックしています。再版の場合は前回の刷り出しの色に合わせます。

版ズレ

0.3mm以上の版のズレはNGです。常時チェックしています。

抜きズレ

0.3mm以上の抜きのズレはNGです。常時チェックしています。

ハーフカット

刃の入り過ぎがないか、2000枚に1度定期チェックしています。

梱包

商品をクラフト用紙にて包装します。外面に内包した商品を貼付し、数量を記載します。約8kgを上限に段ボールに梱包します。ダンボール内の隙間は緩衝材で埋めます。梱包に指示がある場合は対応します。


<刷り色の品質保持>

印刷ローラー

案件の切り替わりの際に、各ユニットの印刷ローラーを、洗浄液で10分間以上自動洗浄します。自動洗浄後、分解し、ウエスで残留物を拭き取ります。ウエスへのインクの付着が目立たなくなるまで洗浄します。ウエスでの洗浄後、各ローラーの表面を満遍なく粘着テープで不純物を取り除きます。再度自動洗浄して完了です。

インクツボ

案件の切り替わりの際に、各ユニットのインクの入ったツボを、洗浄液と刷毛で洗浄します。付着した洗浄液をウエスで拭き取ります。ウエスに色がつかなくなると完了です。


<校正(試作)につきまして>

色校正(有料)

商品にご満足いただくために、本番前の色味の確認を行うことをお勧めしています。色校正を行なっていない場合の、色のクレームは受けつけておりません。

本機校正(有料)

商品にご満足いただくために、本番前の仕上がりの確認を行うことをお勧めしています。本機校正を行なっていない場合の、仕上がりのクレームは受けつけておりません。


<印刷資材の管理>

・版のメーカー保証期間は製造より1年間です。弊社では版を2ヶ月に1回のサイクルで購入しています。
・印刷デザインに応じて、版の硬度タイプを選定し印刷しています。
・改版など、印刷内容に修正のあった場合は、ミス防止のため、修正前の版を確認後に処分します。
・印刷中に版が痛んだ場合、その場で新しい版に作り直し、品質を維持しています。

抜き型

・3年まで保管いたします。
・長方形や丸の抜き型の使用による劣化の場合は、無償で交換しています。(※変形は再度料金を頂きます)

インク

・メーカーより製造年月の記載済みのインクを購入しています。使用期限を過ぎたインクは破棄しています。
・インクの購入履歴も管理しています。
・RoHS・SDS・REACHなどの書類の提出も可能です。

原紙

・原紙はご注文時に必要分のみ発注します。ご希望のお客様のみ、使用した原紙のロットナンバーを管理・共有いたします。担当者に申しつけください。
・在庫は3年です。(メーカー推奨の粘着基準値が9800以上のところ、3年を経過しても10018ありました。)
・メーカー出荷日から1年以上余った原紙は、調整用(色合わせ・版合わせ・抜き型合わせ)に使用しています。
・夾雑物につきましては、メーカーの基準(夾雑物の個数ではなく、1㎡あたりの合計面積で管理されております。
※夾雑物0.05m㎡以上を対象として、1㎡あたりの総面積で13m㎡以内は良品となります。)をクリアしたものを使用しています。
・RoHS・SDS・REACHなどの書類の提出も可能です。

洗い油(洗浄液)

洗い油の使用期限はメーカーが設けておりません。印刷機のパーツの洗浄時に発生する汚れた洗い油は、定期的に産業廃棄物業社に委託し、廃棄しております。


<印刷機保守・メンテナンス>

UVランプ

メーカー推奨の1500時間を目安に交換しております。

印刷ローラー各種

印刷用の各ローラーは常時ストックしており、不具合があった場合は即交換しております。

グリスの注入

月に1度行っております。

印刷機のカッター

切れ味が悪くなってくると、研磨しております。

上記保守・メンテナンスは、全て記録をつけております。


印刷データ

・印刷データ修正はご依頼(有料)頂かないかぎりすることはありません。
・印刷中、ご支給頂いたデータの不備による不具合が起きた場合、直ちに印刷を止めご連絡いたします。※発覚出来ない場合もあります。
・ご注文頂いた商品の印刷用AIデータは10年間保管させていただきます。


情報セキュリティー

顧客情報が入ったPCにはウィルスソフト(TRSL Trend Micro ウイルスバスター コーポレートエディション Plus:クライアントウィルス対策・サーバーウィルス対策・ファイアウォール・スパイウェア対策・WEBレピュテーション・感染時の自動復旧機能)を導入しています。


ミス報告書

出荷前にミスが発覚した場合は、直ちに印刷をストップいたします。ミスが起きた際に、ミス報告書(見積もりナンバー・品名・数量・得意先・原因担当者・発覚日時・収束日・損害金額・ミスランク・発覚経由・ミス内容・お客様の処理要望・原因調査・再発防止策・確認印)を作成し再発防止に努めます。作成されたミス報告書は、各自確認後エバーノートにタグ(日時・ミス内容・ミスランク・原因担当者)を付け、保管します。ミスを起こした担当者へのペナルティは一切ありません。

クレーム報告書

万が一、クレームがある場合は営業担当に申しつけください。直ちに対応致します。クレームが起きた際に、クレーム報告書(見積もりナンバー・品名・数量・得意先・原因担当者・発覚日時・収束日・損害金額・クレームランク・発覚経由・クレーム内容・お客様の処理要望・原因調査・再発防止策・確認印)を作成し、再発防止に努めます。作成されたクレーム報告書は、各自確認後エバーノートにタグ(日時・クレーム内容・クレームランク・原因担当者)を付け、保管します。クレームを起こした担当者へのペナルティはありません。※クレームの対象につきましては利用規約をご確認ください。

事故報告書

万が一、お客様に対し、大きな損害を与えてしまった場合、事故報告書を発行させていただき再発防止に努めます。

上記報告書は、全てエバーノートに保管してあります。