対応印刷方法

ラベル・シール・ステッカーの制作にあたり、印刷方法もお選び下さい。コスト、クオリティ、シーンによって使い分ける必要がございます。ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせください。当社スタッフが分かりやすくご説明致します。


凸版印刷(コスト重視型)

凸版印刷は版に凹凸があり、インクを転写させる印刷方法です。原理は凸部分に乗ったインクが直接原紙に転写します。つまり凹の部分はインクが転写されません。低コストで量産が可能となっております。ラベル印刷で最も多い印刷方法です。昔に比べ版の精度が良くなり4色カラー印刷の再現性も問題ありません。オフセットと見違えるほどの仕上がりになっており、近年最も支持率の高い印刷方法です。


オフセット印刷(クオリティ重視型)

オフセット印刷は水と油が反発し合う現象を利用した歴史ある印刷方法です。原理は油層に残ったインクがブランケット(媒介物)を介して被印刷体に印刷されます。版が直接被印刷に触れないのが特徴です。オフセット印刷の最大の特徴は網点の再現性が細かい為、印刷が再現性が綺麗という点です。ハイレベルな仕上がりを御望みでしたらオフセットお勧めしています。


シルク印刷(耐久性重視型)

シルク印刷はスクリーンの網目をインクが透過する作用を利用した印刷方法です。原理は被印刷体に透過部分と非透過部分のある版をセットし、インクを塗布します。その際にスキージというヘラを用いて満遍なくインクを濾し、版を取り外すと必要部分にインクが残っています。シルク印刷の特徴はインクを厚く盛ることが出来る為、耐久・退色に強く屋外使用でのステッカーに適している部分です。


インクジェット印刷(小ロット・耐久性重視型)

インクジェット印刷は版を使用せずに印刷が施せます。原理はノズルから噴射られたインクが被印刷体に付着します。特徴は低コストで小ロットを作成できる部分です。顔料も紫外線に強いので屋外の使用も可能です。尚、印刷後にプロッター(自動カッター)でのカッティングも可能ですのでサインディスプレイなどにも重宝する印刷方法です。