シール印刷の色はあなたのプリンターの色になりません。

シール印刷 プリンターと色が違う

シール印刷 プリンターと色が違う

本日は印刷の色のお話をします。ところであなたは自分のプリンターと発注した印刷物の色の違いに気づいたことはあるでしょうか?

結論から言うと、印刷会社に注文した印刷物はあなたのプリンターで出力した色と同じにはなりません。同じデータであってもプリンターが違うと、出力される色も異なります。

例えば、当社のオフィスでもゼロックス(現富士フィルム)とOKIのプリンターがありますが、同じデータで印刷しても色が違います。

シール印刷 プリンター 色
左がゼロックス、右がOKI。左の方が色が濃く、発色が良い。

上記は同じ印刷データで出力しました。左がゼロックスのレーザープリンター、右がOKIのレーザープリンターになります。ゼロックスの方が色が濃く、鮮やかなのが分かります。実際に見ると結構違います。

これはどっちのメーカーが良いというお話ではなく、プリンターのメーカーによって色が違うという事をお伝えしたいです。メーカーによってトナーの出力配分や、顔料が違うので当然のことなのです。

プリンターの色にマインドセットしてはいけない

さて、本題に入ります。納品後に「私のプリンターで出力された色と全然違う」というクレームが稀にあります。これは多くの印刷会社が抱える問題の一つです。お客様が自身の発注した印刷物が自分のプリンターと同じ色で仕上がってくると思い込んでしまっています。

先述の通り、印刷データが同じであっても、プリンターが違えば印刷された色も異なります。更に、印刷会社に発注しているとなると、印刷方法とインクまで異なりますので色が同じになることはありません。

つまり、印刷会社に委託した場合、プリンターで出力した色に対しての差が大きいです。

こう言った理由から、自分のプリンターの色にマインドセットしてしまうと、納品後に「イメージしてた色と違う!」となってしまいます。

では、どうすればよいのか?

簡単です。色校正(試作)を行い、事前に色を確認してください。色校正で刷った印刷物の色に対して、「量産もこの色で仕上がるんだな」とマインドセットしてください。

ただ、色校正(試作)は有料ですし、数日の時間もかかります。コストも時間もかけたくないという気持ちも分かりますが、満足のいく印刷物を手にするには出来る限り、事前の確認をするようにしてください。

もし、コストも時間もない場合は、その出力したプリントを印刷会社に送り、「できる限りその色に近づけて欲しい」と伝えると良いかと思います。ピッタリの色にはなりませんが、可能な範囲で調整してくれるかと思います。

以上、シール印刷 プリンターの色と違うでした。

関連記事
PCモニターの色にはなりません。