オリジナルのリボンシールでラッピングを可愛く演出

| 2019.04.08

オリジナルリボンシールのご紹介

 

本日は、オリジナルで作られたリボンシールを紹介します。インターネットで既製品のリボンシールは購入できますが、「自社のロゴマーク」や「ブランド名」での作成を考えている方に読んでいただけると幸いです。

 

まず、リボンシールとは、シールとサテン生地のリボンを貼り合わせたシールのことを指します。
詳しくは「リボンシール:ブランドの印象を残すワンポイントシール」をご一読ください。

 

今回紹介するリボンシールは、可愛らしく、ちょっぴりゴージャスな仕様になっています。

 

 

 

オリジナルリボンシール

 

オリジナルリボンシール

「あら!可愛い!」オバケが大好きなキャラメルに隠し味をいれて、コトコト煮込んでいます。神妙な表情がなんともキュート。株式会社シュクレイさんの新しいブランド、キャラメルゴーストハウスのキャラクターです。今回こちらの商品パッケージ用にリボンシールを作製しました。

 

 

シール部分

 

シール部分はミラーコート(一般粘着)という光沢のある紙素材に、4色カラーを印刷し、変形でカットしてあります。基本的にリボンシールのシール部分は紙素材での提供になります。フィルムは加工上の問題で非対応となります。紙素材ならどれも作成可能ですが代表格は、上質紙・アートコート紙・ミラコート紙・ホイル紙etc…となります。

 

 

リボン部分

 

オリジナルリボンシール

リボン部分のブランドロゴマークは白の箔押しで再現。サテンの生地はオバケに近い落ち着いた黄色を選定。
こちらも抜き型でカットしますが、目止め加工を施してあるため、カットした断面の生地がほつれることはありません。

全て機械での加工になるため、生産時間は最短で7営業日での作製が可能です。また、シールとリボンを別々にカットしてから貼り合わせる、独自の製法を行なっているため、構造も綺麗です。

 

 

仕上がり

 

オリジナルリボンシール

仕上がりはシートを選定。レイアウトはシールが内側、リボンが外側に向くカタチが基本になります。台紙のセパレーターは薄口の白、もしくは厚口のクリーム色が選べます。(写真は白いタイプ)※仕上がりはロールも可能です。

梱包は100シートを帯止めして、適量をクラフト用紙で包装し、ダンボールに詰め、隙間を緩衝材で埋めます。1万枚程度であれば、ダンボールは1個口で出荷可能です。

 

作製は5000枚から承っております。お見積もり依頼は「お見積もりページ」からお願いします。データ入稿はAI(アドビイラストレーター)にて承っております。

情報が不足していたり、ご不明な点ございましたら下記よりお問い合わせください。

 

お問い合わせ