エンボスシール : ワンランク上の印象で競合商品に差をつける!

| 2017.07.20

エンボスシール が貼付された商品パッケージは、メーカーの意気込みが伝わってきます。表面を指でなぞると、デザインに合わせて凹凸に加工されている。今回は、デザインに一手間加えるだけで、付加価値の上がるエンボス加工について解説させていただきます。

 

エンボスシール とは


紙素材に、専用の版で圧を加えると凹凸が生じます。その技法でつくられたシールを、エンボスシールと言います。主に、商品パッケージのブランドのロゴマークや、商品名といった強調したい箇所に施されています。控えめな印象ですが、高級感があることから活躍の場が多い加工です。下記イメージは、文字以外の部分が凹んだエンボスシールです。素材は銀ホイル紙を使用しています。このようにエンボス加工は、凹凸を自由にデザインすることができます。

 

エンボスシール

凹凸により、印刷を施さなくてもデザインを目立たせる事ができます。

 

加工方法


プレス機で加圧された紙素材は、エンボス版の溝に入り込みます。再び版を引き離すと、紙素材にエンボス版の溝の跡が残ります。これがエンボス加工の原理です。

 

エンボスシール

エンボス加工イメージ

 

 

 

エンボス加工に向いているシール素材



紙  素材 → ○

フィルム素材 → ×

エンボス加工は印刷と異なり、素材自体に凹凸をデザインするということはご理解頂けたと思います。紙素材の場合、加圧により繊維自体を凹凸させるうえ、元の形状に戻らないという紙の性質がエンボスに適しています。一方、フィルム素材は変形させることが難しく、かつ反発力がある為、エンボスに向いていません。実際に行ってみても、若干凹凸がつきますが、紙素材ほど凹凸にエッジが効きません。

それではエンボス加工に向いている材質を紹介します。

・上質紙(各種)
・アート紙
・ミラーコート(グロス)紙
・金艶ホイル紙
・金消ホイル紙
・銀艶ホイル紙
・銀消ホイル紙
・和紙
・刻印タック

深いエンボスを表現したい場合は、合紙(材質同士を貼り合わせ)をすると、厚みが2倍になるためエンボスのエッジが目立ちやすくなります。

 

 

デザインの向き不向き


エンボスは、デザインを凹凸で再現するため、細かいイラストなどには向いていません。デザインが細かすぎると、版の溝に紙が入り込めないため、凹凸が目立たないといったケースがあります。明朝体のように線の細かい書体や、細かい柄はエンボスに不向きのなので注意が必要です。エンボスの詳しい再現については、各シール印刷会社にデータを確認してみるか、事前に校正を行ってください。(6,000~10,000円程度で可能です)

 

 

価格


エンボス加工は、それほどコストがかからないのも魅力の一つです。
下記概算見積をご覧ください。※弊社概算(版・型代含む)

 50×50mm:3000枚

エンボスのみ・・・¥35,000
1色+エンボス・・・¥48,000
2色+エンボス・・・¥55,000
3色+エンボス・・・¥60,500
4色+エンボス・・・¥70,000

アドバイス:エンボスは、1〜2色のシンプルな印刷に施した方が目立ちます。色数が多いと、コストが高くなるうえ、エンボスの印象がボヤけてしまいますのでデザインに工夫が必要です。

 

まとめ


■エンボスは加圧により素材に凹凸をつける加工方法。
■フィルム系は圧をかけてもエッジが分かりにくい為、紙素材が適しています。
■細かいデザインには向いていないません。
■可能であれば、量産まえに実際に校正で確認してください。
■デザインは1〜2色程度がリーズナブルなのでオススメです。

 

 

関連ページ

無料サンプル作りましたので、ぜひご依頼ください。

デザイン制作に便利な無料エンボス見本さしあげます